八女Ot邸

east-elev

八女市の郊外で計画中の住宅。
元々は通り側に商店、奥に母屋、蔵が建ち並んでいた町屋形式の奥行の深い土地で、現在は2つに分割されましたがそれでも南北に長い敷地です。
南北からの通り抜け動線、将来の介護対応などを与条件としての計画です。


南北に2つの屋根が連なる形状の外観です。

関連ブログ記事はこちら

大橋Ta邸

若夫婦と愛犬のための家。
広い敷地で建物配置を将来も含めて考慮しながらの計画です。

竣工しました。竣工写真準備中。

関連ブログ記事はこちら

GH-Y

認知症高齢者グループホームの計画。
法的要件、介護施設としての機能を満たしながら普通の住宅らしくがテーマです。

スタッフエリアを2階に設けた以外は平屋で構成させたため敷地いっぱいの計画になりました。
木造軸組工法で戸建住宅の要素を多分に取入れています。


計画の当初はこんな感じでした。

関連ブログ記事はこちら